男性器が大きい人と小さい人の違いとは

女性に喜ばれたい、子宮を突きたい、などペニス増大したい方必見!
チンコは必ず大きくなる!

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためにはなぜそもそも男性器が小さいのかを知る必要があると思います。男性器が小さい原因には以下の三つが考えられます。

●生まれつき

男性器が小さい一番の原因と言われているのは生まれつきと言われています。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

背の高さのように、生まれ持った遺伝で男性器の大きさが決まっているわけではないので、男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することで、男性器は大きくなるんです。

●筋肉が不足している

おなかの下の方の筋肉が弱い人などが男性器が小さいと言われている原因は男性器につながっている筋肉が不足しているからです。

男性器は海面体細胞という細胞で構成されていますが、その周りを下腹部からつながっている筋肉とおしりからつながっているPC筋という筋肉で支えられています。

勃起状態というのは男性器を構成しているPC筋が緊張状態になることにより男性器が反り返ることにより勃起状態になります。

この男性器を構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起男性器ではなくへなへなした男性器になってしまうということです。

筋力が弱かったり太ったりしている人は、下腹部の脂肪を減らして筋力を強化することで男性器が大きくなります。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

ですが、人によっては亀頭に皮が被ったままになり、通常時はもちろんのこと、勃起した状態でも亀頭に皮が被ったままの人もいます。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

カントン包茎:包皮の口が極端に狭くて、亀頭や陰茎を締め付けてしまう状態。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男性器増大にはマイナス要因になってしまうのです。

これが包茎が男性器を小さくする要因の一つといわれています。包茎と普通の男性器では長さが平均で数センチも違うというデータもあります。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。